痴漢電車男2 ~伝説へのライナー~



 
  ブランド   Guilty+
  ジャンル   アドベンチャー
  原画   (キャラクターモデリング)ぷねうま/イチゴじゃむ
  シナリオ   久留間+
  対応OS   Windows 2000 / XP / Vista
  CPU   PentiumⅢ-500MHz以上 (PentiumⅢ-800MHz以上推奨)
  メモリ   128MB(256MB以上推奨)
  動作条件   800×600ドット以上の解像度で
  ハイカラー以上表示可能な環境



前作にて、伝説のターゲット2名を立て続けに攻略した主人公・大野紀夫は
所属する痴漢情報ネットワーク『痴漢友の会』内で現役最高のモールスターと称されていた。
周囲の賞賛の声に慢心していた大野だが衝撃的なニュースが飛び込んでくる。
『友の会、壊滅』の報が……。
一部の新参会員が無理な痴漢行為で逮捕され、芋づる式に逮捕者が続出。
ついに『友の会』ネットワーク管理者が逮捕されるに至って、
長かった『痴漢友の会』の歴史は閉じられた。
大野は幸い、逮捕騒ぎに巻き込まれる事もなかったが、前作以上のターゲットを得ることも叶わず、
長年属していた『友の会』も消滅した大野は痴漢行為に情熱を失う。

「そろそろ俺も卒業……かな?」 と言いながらも、毎朝、惰性で痴漢に勤しんでいた大野だが、
ある日、背後より声をかけられる。
「まだまだだな……」
自分の痴漢テクニックに対して吐かれたその言葉に激昂する大野。
振り返ると、謎の男の後ろ姿が見えた。
謎の男は、音もなく近くの女性に近づき、一瞬の隙をついて体を愛撫、瞬時に女性を昇天させた。
快感で失神して倒れる女性。
ざわめく周囲を尻目に、その場を去ろうとする謎の男を捕まえる大野。
「あんた……そのテクニック! 一体何者だ!」
悠然と男は答える。
「只の……痴漢男さ……」
人混みに邪魔をされて謎の男を見失ってしまった大野。
その瞼には先ほどの眩しい程に素晴らしい謎の男の指使いが浮かぶ。
開眼する大野。
自分以上の痴漢テクニックを目撃した大野は、己の慢心を戒め、更なる高みを目指す。

そして大野はかつてのターゲットにひけを取らない獲物――
『掛井 美代子』と『久我 夏美』を発見する。

情熱を取り戻した大野のハンティングが、今再び始まる。