痴漢電車男外伝~伝説のチェイサー~



 
  ブランド   Guilty+
  ジャンル   アドベンチャー
  原画   ぷねうま/イチゴじゃむ
  シナリオ   久留間+
  対応OS   Windows 2000 / XP / Vista
  CPU   PentiumⅢ-500MHz以上 (PentiumⅢ-800MHz以上推奨)
  メモリ   128MB(256MB以上推奨)
  動作条件   800×600ドット以上の解像度でハイカラー以上表示可能な環境/16MB(32MB以上推奨)/irectX9.0C(DirectSound8.0)以上が正常に動作する環境/要DirectX9.0C(日本語版)以上必須



これと言って取り柄のない平凡な男子学生・野原学は、今日も変わらぬ日常を過ごしていた。

通学の地下鉄に乗る彼の視界には一目惚れをした憧れの君――
『諸積遥香』が車窓に映る暗闇を眺めている。

学は彼女をじっと見つめて“今日こそは声を掛けよう”と思うのだが、
引っ込み思案の性格が災いし、いつも彼女に気づかれないようにそっと眺めるだけ……。
そして誰にもバレないように彼女を盗撮し、それをネタに夜な夜な……
“彼女に触れたいっ” と妄想しながらオナニーをする日々が続いていた。

ある朝、学は自分の内気な性格を変えるきっかけとして
通学中に目撃した痴漢行為を止めようとするが、逆に痴漢に逆ギレされ窮地に立たされてしまう。

そんな学を救ったのは、意外にも痴漢被害に遭っていた『久我夏美』だった。

危機が去って安堵している学に夏美は、快楽を得るためにわざと痴漢されていたことを口走る。
「なんでそんなことを?」
「こういう身体にされてしまったのよ! あの男に!」
思わせぶりな言葉に首をかしげる学を無視して、
何故わざわざ痴漢を止めようとしたのかを学から聞き出す夏美。
「自分の性格を変えたかったワケね……。 でも、変わったふうには見えないけど」
結局、精神的に何も変われなかった自分に失望する学を見て、なぜか彼に恥女行為をするのを思いつく夏美。
突然の展開に抵抗する学だったが、
大人の女性に触られるという今まで知らなかった快感に興奮を覚え、イキそうになる。
「続きがして欲しかったら、また明日ここにきなさい」
しかし夏美は学をイカせることなく、その言葉を残して颯爽と出勤していってしまう。

寸止めを喰らい欲望を持てあました学が射精する為にトイレに駆け込むと、
今度は彼の通う学園の古文教師『掛井美代子』と遭遇する。
「野原君、先生にフ○ラチオさせて……」
「先生! なに言ってんですか?」
「だって……先生、酷い人にそう命令されてて……。 先生、その人に逆らえないの」

夏美と美代子。
二人の年上女性と出会ったときから、学の平凡だった日常がポイントを劇的に替えて疾走していく――
“彼女に触りたいっ” 憧れのマドンナ、遥香をその手で触れることを目指して。