独占

 
  ブランド   ruf
  ジャンル   学園SLG
  対応OS   Windows:2000/XP
  CPU   Intel Pentium 166MHz以上
  (MMX Pentium200MHz以上推奨)
  メモリ   48MB以上(64MB以上推奨)
  動作条件   VRAM2MB以上(4MB以上推奨)で
  DirectX7.0a以上に対応したグラフィックカード
  DirectSoundに対応したPCM音源 
  DirectX7.0a以上 DirectX Media 6



主人公の「鮎川響一」は、以前からずっと自分に親しく接してくれている同じ学校に通う幼馴染「小鳥遊雪乃」のことが気になっていた。
しかし、無口な故に誤解されやすく、自分は彼女の恋人としては不相応だと思い込んでいる鮎川は、どうしても小鳥遊のその想いを伝えることが出来なかった。
そんな鮎川は、学園でも人気者のクラスメート「犬山つむぎ」から想いを告白され、小鳥遊に未練を残しつつも、犬山と付き合い始めることになる。
だが、恋人同士としての関係を始めても、性格的に屈折しており、己に自信を持つことの出来ない鮎川は、純粋な犬山の愛情を素直に受け入れることが出来ず、何時か相手に裏切られるのではないか、ということを病的に恐れていた。

そんな鮎川が、苦悩の果てに導き出した結論、それは「自分を慕っている相手に対して何処まで屈辱的な行為を強要することが出来るのか」という狂気の行動であった。
しかしそれは、相手の心を信じることの出来ない鮎川にとっては、自分に対する真実の愛情を推し量る為、自己確立の為にも必要不可欠な選択でもあった。

鮎川は、犬山に対してSM的な調教を行なうことを決意し、その情報をインターネット上の「SM調教」ホームページから得て、学園内で犬山の身に過激な調教を施していく。
鮎川の突然の行為に始めは戸惑っていた犬山であったが、素直で鮎川に対して深い愛情を抱いている犬山は、その行為を相手の愛情表現として敢えて受け入れ、耐えていく覚悟をする。

一方、自身も鮎川のことをずっと想い続けていた小鳥遊は、鮎川が犬山と付き合い出したことにショックを受けていた。小鳥遊は、落ち込みつつも、ある程度はその事実を受け入れようと気丈につとめる。
そんな小鳥遊に、クラスメートの「姫神薫」が接近してきた。偏執的に小鳥遊を思慕する姫神は、小鳥遊を励ますふりをして相手の懐へと入り込み、小鳥遊を強姦してしまう。
そして、その一部始終をデータとして記録し、その後も小鳥遊を脅迫する材料に利用する。更に姫神は、相手が自分から離れられないようにする為、巧みな調教を小鳥遊に施し始める。

そんな中、相変わらず不安定な精神状態で犬山に奴隷としての調教を与え続ける鮎川の元に、あるメールが届く。
それは、鮎川が犬山を調教していることを知った姫神からの挑戦状だった。

「お互いの奴隷を賭けて勝負をしよう。勝負は自分の奴隷の調教度合いで決する。そして、掛け金はお互いの奴隷……」
勝負に負ければ犬山を失い、一人になってしまう。しかし、勝つことが出来れば、小鳥遊を手に入れることが出来、全ての奴隷を『独占』することが出来る……。

微妙なすれ違いによって、その運命を大きく変えてしまった2組のカップル。
愛憎が入り混じり、錯綜する4人の男女の命運は、この調教勝負によって、更に混迷の度合いを深めていく。果たして彼、彼女らにとっての真の幸福とは何なのか……。




  ● 犬山 つむぎ (いぬやま つむぎ)

主人公の級友。彼女視点のルートが存在しており、ある条件下で選択が可能となる。
小柄ながら運動万能。また、自主コンサートではキーボード、文化祭ではピアノ奏者という格好いい女の子。
学園で彼女を知らぬ者はいないほど有名なのに、自覚は無い。
陸上一筋だった彼女を、周囲は色恋沙汰にはまったく無頓着だと思いこんでいるが、実は鮎川(主人公)のことを慕っている。
明朗活発で、負けず嫌いで、裏表が無い彼女は、友人から“わんわん”と呼ばれている。
鮎川に告白して、恋人として付き合い始めるが、鮎川がまだ小鳥遊に未練を残しているのを察知し、思い悩む。
そして鮎川から施される苛烈な調教の原因は、全て自分にあると思い込み、必死に耐えながら行為を全て甘んじて受け入れていく。


  ● 小鳥遊 雪乃 (たかなし ゆきの)

主人公の幼馴染のキャラクター。彼女視点のルートが存在しており、ある条件下で選択が可能となる。
明るく、さっぱりした感じの女の子。勉強も運動もソツなくこなす優等生で、代々続く名家のご令嬢。学年でも5本の指に入るほどの人気を誇る。
だが、逆に好条件が整いすぎた彼女に、まわりは近寄りがたい雰囲気を感じている。
幼馴染の鮎川(主人公)のことをよく理解し、小さなことから常に彼をフォローしてきた。そのせいで、自分のことより鮎川のことを優先して考えてしまう節がある。
鮎川のことが好きなのか、ただの独占欲なのか判断できないでいるが、その実、鮎川に精神的に依存したアダルトチルドレン傾向。
鮎川が犬山と付き合い始めたことで、大きなショックを受け、その隙を姫神につけ込まれて、強姦、脅迫の果てに姫神から性奴隷としての調教を受ける羽目に陥る。


  ● 鮎川 響一 (あゆかわ きょういち)

ゲームの主人公にして第1視点のキャラクター。
他人に近づかれることを嫌うが、幼馴染の小鳥遊にだけは心を開いている。
眼光鋭く、長身で無口。その外見から、まわりからは不良だと思われ、恐れられてさえいるが、本当はナイーブで傷つきやすい。
小鳥遊のことが好きなのに、犬山(級友)に告白され、付き合うことになってしまうが、その為に更に深い煩悶に悩まされることになり、犬山の自分への情愛の度合いを確かめる為、半ば実験的に相手への非情な調教を施し始める。


  ● 姫神 薫 (ひめがみ かをる)

小鳥遊(主人公の幼馴染)を慕う同級生。彼視点のルートが存在しており、ある条件下で選択が可能となる。
陽気、良い人、優しい。とにかくクラスの人気者で、常に輪の中心にいる。
“ヒメ”というあだ名で呼ばれ、友達も多く、教官、後輩たちからの人望も厚い彼だが、家庭では一転して陰湿で暗い面を持つ。
何故かマンションに一人暮しだったり、過去に犬山を狙っていた時期があったり、小鳥遊や鮎川(主人公)のことを調べてまわっていたり、偏執的な本性が、やがて明らかになってくる。
傷心で無防備な小鳥遊に接近、小鳥遊を強姦して、そのことをネタに更に過激な調教を強要し、小鳥遊を心身供に自分の虜にさせようと執心する。